肌の老化が気になり始めた人のアンチエイジング【今がその時!】

MENU

肌の老化が気になり始めた人のエイジングケア【今がその時!】

肌,老化,アンチエイジング

当サイトを訪れていただきありがとうございます!

 

電車の窓ガラスに映っている自分や、化粧室で見る自分の顔を見て、「あれ?何か老けたかも・・・」と感じた事はありませんか?

 

私が肌の老化を感じるようになったのは30歳前後の時でした。

 

いつのまにかほうれい線や顔のたるみが目立ってきていて、「やばい!」と思い、すぐにネットで

  • 肌の老化に良い顔トレーニング
  • 美容に良いとされる食事
  • 美肌のための生活習慣
  • アンチエイジング法

などを調べて実行しましたが、いまいち効果があるのかないのかよくわからないといった感じでした。

 

そんな中ですごくはっきりと、これは良い!と思えたものがありました。

 

先に結論から書くと、私の場合はオールインワンゲルで保湿やスキンケアをするようになってから、しわ、たるみが改善して肌の状態がとても良くなりました。

 

もちろん他のアンチエイジング法も同時にやっていたので、相乗効果はあったとは思うのですが、冷静に分析してみるとやっぱりオールインワン化粧品に変えてから肌が若返ったような気がしています。

 

正直私のオールインワン化粧品に対するイメージは最初はあまり良くなくて、本当に全ての効能があるのかな?といった感じでした。

 

けど口コミの評判は良いし、商品がたくさんあることからも人気があるのがわかりました。

 

料金も安いので試しに使ってみようかな、と軽い気持ちで使い始めたら効果てきめんでした。

 

 

肌,老化,アンチエイジング

 

 

肌が老化する原因

人はみんな同じように年を取っていくので、老いないということは現代の医学、科学では不可能です。

 

ただみんなが同じように老けていくかというとそういうわけではありません。

 

中には50代なのに30代のように若々しく見える人もいます。

 

老けていく人となかなか老けていかない人の肌の違いを知ることが、今後のスキンケアやアンチエイジングに活かされると思います。

 

まずは肌が老化する原因を知っていきましょう。

 

1.体をサビさせる活性酸素による肌老化

肌が衰えていくことを肌老化といいます。

 

老化とは簡単にいうと体が酸化していくことです。

 

体が少しずつさびるということです。

 

肌老化を意識するようになるのは30代、40代位からだと思いますが、実際には赤ちゃんとしてこの世に生を受けた瞬間から老化はスタートしています。

 

人は生きていくうえで必ず呼吸をしなければなりませんが、この呼吸をする時に活性酸素を体内に生み出してしまいます。

 

この活性酸素が肌をさびさせてしまう原因となっています。

 

つまり生きている以上、必ずどんどん酸化していってしまうので、老化は避けて通れない道なのです・・・。

 

喫煙者やストレス過多な人は活性酸素を体内に増やしてしまっているので、肌の老化をより早めてしまいます。

 

2.真皮の水分量、皮脂量の減少

年齢を重ねると肌や体の中にある細胞などにいろいろな変化が出てきます。

 

まず、皮ふの表皮の下にある真皮の水分量が徐々に減っていきます。

 

赤ちゃんの頃には真皮の水分量は80%位ありますが、これが20代では約65%に減ると言われています。

 

その後も真皮の水分量は減る一方で40代では約50%ほどになると言われています。

 

また、皮脂の量も加齢と共に減少していくので乾燥しやすく、ハリがない肌になりやすい状態になってしまいます。

 

これら以外にもセラミド、角質層の水分、女性ホルモンなどが減少していくので何も対策をしないと肌は一気に老化してしまいます。

 

3.ターンオーバーの低下

肌表面の表皮は古くなったら剥がれ落ち、また新しい表皮が生まれています。

 

このことをターンオーバーといいます。

 

ターンオーバーは一般に約28日周期で起きているのですが、加齢によりターンオーバーの周期が長くなっていきます。

 

40代になるとターンオーバーに約40日かかると言われており、当然生まれ変わりが遅くなれば古い状態の皮膚が肌表面に残っている状態になるので、肌がくすんで見えてしまう原因になってしまいます。

 

肌がくすんでいると光を反射しなくなるのでどんより黒ずんで見えてしまいます。

 

またターンオーバーが遅れると乾燥や小じわを修復する機能(角質層のバリア機能)も弱まりますので、ますます老けて見えてしまいます。

 

4.紫外線を浴びる

活性酸素や肌の水分量の減少、ターンオーバーの低下などの生理的な衰えに加え、紫外線を浴び続けると肌はどんどん衰えてしまいます・・・。

 

紫外線は目には見えないので若い頃から対策をしようと思う人が少ないと思いますが、小さなダメージが毎日肌の奥に刻みこまれてしまっています。

 

紫外線はシミを作り、真皮にはシワを作るので一気に見た目年齢を跳ね上げてしまう恐ろしい存在です。

 

また肌が乾燥したままでいると角質のバリア機能が弱まるので、紫外線のダメージをもろに食らってしまいます。

 

肌老化を遅らせる対策

ここまで色々な肌老化の原因を見てきましたが、対策できる事とどうにもならない事に分けられると思います。

 

対策出来る事

 

対策出来ない事

 

 

対策出来ない事はもうしょうがないので、対策出来る事を出来る限り行う事によって肌老化対策をしていきましょう。

 

肌の老化を遅らせるには、守りと攻めのスキンケアが有効になります。

 

守りのスキンケア

守りのスキンケアは2種類あって、紫外線から肌を守るお手入れと、肌に栄養を与えるお手入れです。

 

紫外線から肌を守るお手入れ

紫外線から肌を守るお手入れはその名の通り、毎日降り注いでいる紫外線をUVカットクリームやファンデーションを塗って対策することです。

 

シミはある日突然出来てしまいます。

 

「しっかりと紫外線対策してたのになぜ?」

 

と嘆く気持ち良くわかります。

 

しかし、シミはここ最近浴びた紫外線の影響で出来るわけではなく、生まれてからずっと浴びてきた紫外線の蓄積によって出来てしまうものなのです。

 

肌の奥には紫外線の貯金箱のようなものがあり、毎日毎日ちょっとずつですが紫外線が蓄積されていきます。

 

そしていつか紫外線の貯金箱がいっぱいになった時にシミという形で皮膚に現れてしまうのです。

 

少ししか外に出ないし日焼け止めクリーム塗らなくていっか!

 

・・・これの積み重ねでシミは出来上がっていくのです。

 

この紫外線の貯金箱の大きさは個人差があるので、シミが出来やすい人もいれば、出来づらい人もいますが、多くの人は30代にもなると黄色信号になっているのではないでしょうか?

 

女性であれば大人になると化粧をするので、UVクリームやファンデーションである程度紫外線対策をしている方も多いと思いますが、もうちょっと意識的に紫外線対策をしてみてください。

 

肌に栄養を与えるお手入れ

肌に栄養を与えるお手入れとは、

  • 高濃度セラミド
  • コラーゲン
  • プラセンタ
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンC誘導体

などの肌に良いとされている成分を基礎化粧品で補うお手入れです。

 

肌老化の対策として肌を乾燥させないという事は何よりも重要です!

 

よく乾燥肌という言葉を聞くと思いますが、乾燥肌とはどのような肌なのでしょうか。

 

乾燥肌とは、角質層に含まれる水分量で表されます。

 

健康的な肌の人であれば、角質層の水分量は約30%あると言われていますが、これが30%以下になると乾燥肌となってしまいます。

 

空気が乾燥している所に行っても、角質のバリア機能によって肌内部の水分が蒸発しないようになっているのですが、乾燥肌の人はこの角質のバリア機能が正常に働かないのですぐに乾燥してしまいます。

 

また角質のバリア機能が弱まった肌は、硬くなってしまい、しわになりやすい状態でもあります。

 

これは弱まった角質のバリア機能を補おうと、肌を守ろうとする防衛反応から角質を厚く作ってしまうからです。

 

対策としては保湿成分に優れた基礎化粧品を使うことが大事ですが、一点注意点があります。

 

それは多くの人は過剰なスキンケアによって逆に肌にストレスを与えてしまっています。

 

簡単にいうと肌をこすり過ぎてしまっています。

 

肌表面にある表皮の角質層の厚さはわずか0.02mmしかないのです。

 

よくサランラップに比喩されるのですが、サランラップを何回もこすってはしわになってしまいますよね。

 

人の肌であればしわだけでなく傷もついてしまいます。

 

肌老化を出来るだけ遅くするにはなるべく肌に負担をかけないことが大切です。

 

そこでおすすめしたいのが、オールインワンゲルの基礎化粧品です。

 

  • 化粧水
  • クリーム
  • 美容液
  • 乳液

などの基礎化粧品が一つにまとまっているので肌への負担を最小限に抑えることができます。

 

私が使用しているのはメディプラスゲルというオールインワン化粧品です。

 

美容成分もふんだんに使われていて、価格も1か月2000円かからないので安いんです。

 

これでスキンケアするようにしてからしわが目立たなくなってきたので、ほうれい線、小じわが気になるようであればかなりおすすめします。

 

 

肌,老化,アンチエイジング

 

 

攻めのスキンケア

攻めのスキンケアとは、積極的に代謝を高めたり、コラーゲンを増やしたりするお手入れです。

 

ピーリングやレチノールがこれに当たります。

 

ピーリング剤で人工的に角質を取ると、皮膚はそこを早く修正しようとして、早めに作ろうとします。

 

つまり皮膚の再生スピードが上がるのです。

 

あんまり頻繁に使用するのは避けた方が良いですが、週に1回のスペシャルケアとしてピーリングを行ってみてはいかがでしょうか。

 

適切にスキンケアを行えば肌老化のスピードをかなり抑えられる

かなり長く肌が老化する原因とその対策について書いてきました。

 

肌は年齢と共に弾力を失ってハリがなくなり、しわが出来やすくなりますし、紫外線貯金も少しずつ貯まっていってしまうのでシミも出来やすくなってしまいます。

 

けど適切なスキンケアを行えば肌の老化をかなり遅くすることができます。

 

テレビや雑誌で有名な美魔女の方たちを見れば、肌老化を遅くする事が可能であることがわかります。

 

適切なスキンケアは個人の肌状態によって多少は変わってくる部分もあると思いますが、基本的な部分は一緒です。

 

それは日ごろから紫外線対策をしっかり行い、基礎化粧品で保湿する事です。

 

 

 

 

 

 

更新履歴